FC2ブログ

お話倉庫

主に長編BL小説置き場です。BLの意味が分らない、または嫌悪感がある方は速やかにブラウザバックでお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

――いつまでも ずっと――<13>

 
俺以外、誰も入れた事の無い、隼人の部屋。
 多少の抵抗はあったが、俺が見落としていたかも知れない手掛かりを、吉岡さんなら見つけてくれるかも知れない。
 淡い期待を抱きつつ、廊下横の主寝室として設計された広めの部屋へと案内する。
「どうぞ……」
 扉を開けて、中へと招き入れる。
「ここも、綺麗にしているね……君が?」
「隼人が居なくなってから、掃除機だけは……」
「そう。それじゃ悪いけど、調べさせてもらうね?」
「あ、はい」
 吉岡さんは一通り部屋の中をぐるりと回り、机の引き出しを開ける。
 そう言えば、と、写真をそのまま置いていた事に気が付いたが、今、慌ててそれを隠したら、変に疑われるのは確実だ。
 固唾を呑んで、吉岡さんがそれをスルーしてくれるのを期待するしかない、と背後から見守った。
 一瞬、吉岡さんはその写真に目をやるが、興味無さそうに端に寄せると、その下に置いてある文具類に手を伸ばす。俺はほっと、小さく息を吐いた。
 吉岡さんは、次々に引き出しを調べ、中を探っていく。
 他人に触られるのは、あまりいい気がしないものだと思っていると、ふいに「ん?」と、手を止め、何かを取り出した。
 見てみるとそれは、CD―Rだった。
「……念のため、これ、中を確認しても良いかな?」
「あ、はい……どうぞ」
 俺が見た時には、そんなものは無かったなと思いつつ、隼人のデスクトップ型のパソコンの電源を入れる。
 トレーを開けて、そのCD―Rを入れ、クリックしてみると音楽が流れた。
「あっ!!」と、俺が声を上げると、吉岡さんは「どうかした?」と、首を傾げる。
「あ、いえ……失くしていたと思っていたやつなんです、それ」
「そうか、それじゃこれは、君のなのかい?」
「いえ、俺も隼人も、そのバンドの音楽が好きで、持っていたんですけど、二人とも互いが持っていたものを、失くしたと思っていたんですよ」
 ダンボールに仕舞ったと思っていたものが、ここに有る事に疑問を感じたが、ふと、思い出した。
 そう言えば、昔、隼人にダビングを頼まれて、会社のパソコンでコピーしていたものを手渡していた。
 吉岡さんが取り出した位置からすると、かなり奥にあったのだろう。
 それで隼人も忘れていたのか、と考えていると
「ふーん、そう? まぁ、これは関係無いみたいだね……」
「そう、ですね……」
 作業の邪魔をしてしまった、と、内心思いつつ、そのCD―Rを受け取る。
 懐かしい音楽を耳にしたせいか、気分が高揚し過ぎて、ツンと鼻腔の奥が痛くなり、このままでは泣いてしまうかも知れないと思った俺は
「ちょっと、トイレ……」と、言葉を詰まらせながら部屋を出た。
 そのままトイレに入ると、堪えていた涙が溢れ、嗚咽しそうになる。
 両手を口に当て、気分が落ち着くのを待った。
 何度か深呼吸を繰り返すと、段々と落ち着きを取り戻し、トイレットペーパーで鼻をかむと、それを流して隼人の部屋に戻った。
 吉岡さんは、隼人のパソコンの画面を食い入るように見ている。
 USBのソケットを見てみると、先程とは違うメモリが挿し込まれていた。
「……何か、有りましたか?」
「……先程ね、引き出しの奥にこれがあって。これは企画書だが、社外持ち出し禁止の、極秘なものなんだ……」
「そう……なんですか?」
「ああ……。これが他社に知られたとして、出し抜かれでもしたら、膨大な損失をする程のものでね……。まさか、これまで漏洩していたとは……」
 そう言うと、吉岡さんは深く溜息を吐き、首を横に振った。
「そんな…………」
 俺は、言葉を失った。呆然とその場に立ち尽くす。
「でも、これはまだ、私の耳には、この手の製品が出ると言う噂は、届いていない……。だから、まだ他社に知られていない可能性が高い。事の真相を、桜井君を見付け出して、一刻も早く知りたいものだ……。蓬田君、協力してくれるね?」
「――分かりました、俺も、出来るだけ協力します」
「これは持ち帰らせてもらうよ。大事な代物なので」
 吉岡さんは、USBメモリを抜き取り、スーツのポケットにそれを仕舞った。



               ――to be continued――

いつもご訪問、拍手、ポチをありがとうございます^^* 励みになってます!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ BL長編小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。