FC2ブログ

お話倉庫

主に長編BL小説置き場です。BLの意味が分らない、または嫌悪感がある方は速やかにブラウザバックでお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

――いつまでも ずっと――<54>

 次の日も仕事を終えた後病院に足を運び、いつもの花屋に寄り、隼人が好きそうな花を選ぶ。
 カールが言っていた様に、ドア越しでも良いから声を掛けようと思った。
 もしかしたら記憶が戻らないかも知れないけど、それでも何もしないより可能性はあるはずだ。
 自分に言い聞かせ、病室の前に立つ。
 緊張で手足が震えるのを堪えて、そっと呼びかけてみた。
「……お義母さん、失礼を承知で来ました。でも、俺、諦められないです」
 当然、返事は無い。それでも、呼びかけた。
「隼人。俺、来たよ。早く体調、戻すように頑張れよ」
 花束をその場に置き立ち去ろうとしたら、中で物音がした。
 心拍数が上がり、高揚する気持ちを抑えながらその場に留まる。
 コツコツと靴音が近付き、ドアの前で止まった。
「……涼太くん、お願いだから……もう、来ないで……」
 掠れるような義母の声だった。
 頭から血の気が引き、眩暈を覚える。
 確かに義母の心情を想うと、自分がしている事が正しいか分らない。
 ――それでも。
「…………ごめんなさい、お義母さん。俺には、隼人が……掛け替えのない人なんです。だから、せめて声だけでも……」
「……あなたが、そんなだって知っていれば……麻里をお嫁に出したりしなかったのに! 麻里は何のためにあなたに尽くしたの? あの子が可哀想過ぎるわ……」
 その言葉を聞いた時、視界がブラックアウトした。
 何も言えずに佇んでいると
「……もう、帰ってください!」 
 義母はそれだけ言うと、靴音は足早に遠のいていった。
 俺はもう一度、声を掛けようとした。が、中で隼人の叫び声が聞こえた。
 何事かと耳をそばだて居ていると、暴れているのだろうか、何かが割れる音が聞こえる。
 心配になり、俺はドアにへばり付くように様子を伺っていた。
 バタバタと廊下から足音が近付いてきて、隼人の病室前にナースが立つ。
「あなたは?」
「俺は……」
 それを中で聞いていたのだろう、義母は叫びにも似た声で
「早く先生を! 隼人が暴れているんです!! その人は無関係ですから、決して中には入れないで下さい!」
 それを聞くとナースは俺を睨み付ける。
「治療の邪魔になりますので、お引取り下さい」
 そう言い残し、足早にステーションに戻って行った。
 隼人が暴れてると聞き、心配で仕方が無かった。しかしどうする事も出来ずに、仕方なく俺はその場を後にして、病院を出た。



 それからは隼人の様子が気になって、うわの空で仕事も手に付かない。
 アメリカという国は、州によって車検制度が異なる。俺がいる州は排気ガスのみの点検が義務つけられているだけで、後はオーナー任せだ。自己流でメンテナンスする人も結構いる。中にはただの使い捨てと考えている人もいるようだ。
 その日持ち込まれた車は最悪の状況だった。エンジンオイルなんか殆ど交換していなかったのだろう、部品が溶けて焼き付く寸前だった。他にもブレーキパッドの消耗が激しかったり、電気系統の不具合など、とにかく日本では車検がとても通るような状況ではない。よくここまで来れたと思うくらい、ボロボロだった。
 買い換えた方が良さそうな状況にも関わらず、そのオーナーは愛着があるからと修理を依頼してきた。俺はその車を担当する事になり、丸二日を費やした。
 部品の交換とオイル交換を済ませて、そのオーナーへ無事に引き渡した……つもりだったのだが、翌日、クレームが付いた。
 オイルドレーンの閉め忘れだろう、ボルトが外れていてオイルが大量に漏れ出してしまっていた。そのお陰でエンジンが一部、焼きついてしまっていた。
 ボルトは一度手で回してから、工具で締める。その、工具で締める作業をすっかり忘れていた。こんな初歩的なミスをしてしまうくらいに、俺の意識は散漫だったのだ。
 今回はオーナーに部品代を出させる訳にはいかない。
 全て手作業でオーバーホールするハメになった。
 それから残業続きになって面会時間に間に合わない日が続いていた。自分のミスを他にフォローさせる訳にも行かず、ただ焦燥感だけが募って行く。
 車を持ち込まれてから三日を過ぎた頃、修復が完全に終わった。俺は約五日、病院に行く事が出来ずにいたのだった。



               ――to be continued――


毎日お昼に更新☆気に入って頂けたらポチお願いします^^*
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ BL長編小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。